出産後の赤ちゃんのスキンケアについて書い

出産後の赤ちゃんのスキンケアについて書いた記事は多いですが、ママの肌について書かれていることは少ないように感じます。産後はホルモンバランスの大きな変化があり、しわやシミ、肌のたるみなどが生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。2つある女性ホルモンのうちエストロゲン(女性らしさを作り、美肌効果があります)が減少するので、肌が荒れやすく、極端に乾燥しやすくなります。外部からの刺激に過剰に反応して赤みや痒みを感じやすくなります。元の肌質に戻るまでは、無添加タイプのスキンケア製品で刺激を抑え、うるおいを補填するようにケアしたほうが良いでしょう。また、できるだけ睡眠もとるようにしましょう。

シミ対策などのスキンケアには、体の内部のメンテナンスもポイントです。

例えば、ビタミンCには美白効果があるといいますが、ふんだんに含まれているのが、イチゴとかレモン、パセリ、ブロッコリーなどです。一方、乾燥で肌がカサカサになってくるとシミ発生の引き金にもなりかねないので、コラーゲン満載の、牛スジや豚骨、うなぎ、鶏皮などを食生活に取り入れてください。

また、食生活においては、シミのことだけを考えるのではなく、いろんな栄養素を体に摂り入れることを考えるのもポイントです。肌トラブルで困っている事はないですか?肌荒れがない美しく強い肌に仕上げるには肌の悩みの原因をしっかりと突きとめてしっかりと対応することが必要です。睡眠不足やストレスが原因の事もよく言われますが、アレルギー性の肌トラブルと言う事も考えられます。鼻炎やあとピーなどで肌をこすっていると、肌が薄くなります。刺激で肌が強化されるかと言うと、まったく逆なんですね。

もちろん、良い状態ではありません。

刺激の回数や量が多くなると肌の再生サイクルが弱まり、やがて表皮の下にある真皮にも深刻なトラブルとなって現れてくるでしょう。すなわち、脂質の過剰分泌や乾燥などが起こり、たるみができてシワに発展するので、みるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになります。年を重ねるごとにシミが増えてしまうのは、がっかりするものです。道行く若い人の肌に目がいってしまうと、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

少しでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、シミを今以上に増やさないようにしたいです。シミといえば、主な原因としてあげられるのが紫外線や肌の老化ですので、日々の紫外線対策や肌の老化防止をしていこうと思います。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。シミやソバカスのないお肌を作る為には、大切な役割を果たしてくれるのです。食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が紫外線に敏感に反応するようはたらき、逆にシミの原因になることもあるそうです。

美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。私の肌は乾燥しやすいので、スキンケアにオイルを使うことが多いです。

オイルマッサージを行ったり、オイルパックを行ったり、そして、クリームの代わりに普段からオイルを使用することにしているので、乾燥とは無縁の肌にすることが出来ました。いつ持つるんとしている肌になれて結構嬉しいです。

シミやそばかすなどが肌に出来てしまっ立ため、ちょっとでも薄くすることが出来ればと考えて、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を使うようにしています。いっつもの洗顔をしてから、この美容液を指先に少し広げて、トントンとパッティングするようになじませます。

使用を続けて一ヶ月ほどで、シミやそばかすが、少し目立たなくなったのが実感できて、幸せな気持ちです。普段、長湯が好きな私はお肌の乾燥対策のために、常時洗顔後は急いで化粧水をつけてから、バスタブに身を置くのを楽しんでいます。けれども、真冬の季節は化粧水を塗っただけでは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水の後に保湿美容液もまんべんなく塗ってお風呂に入りますが、これをやるようになってから乾燥肌がとても改善されてきました。

以前にくらべて、肌の衰えが目立ってきたかも知れない、そのような方にはスキンケアでアンチエイジングを実践しましょう。一番有効なのは保湿化粧水を使ってお肌をしっとりさせることです。乾燥はシワの原因になるので、最近注目のヒアルロン酸が配合された化粧水で、十分に潤いを与える事が大切です。