7月 8, 2022

あまたのシミが肌にあると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。年齢を重ねるにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、このくらい大丈夫と思っていた日焼けでも致命傷となってしまいますので、日焼け対策は怠ってはいけません。帽子、または日焼け止めなどで紫外線を防ぐのは持ちろん、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、意欲的に摂りましょう。煎茶や玉露などの緑茶はカテキン豊富な食材です。カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの効果をさらに高めてくれるでしょう。メラニン色素の増加を防止し、美白するためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂ることができれば、表皮にメラニン色素が残り、シミができることを予防してくれるのです。私はエッセンシャルオイルを使ってひとりで楽しんだり周りの方に楽しんでもらったりしています。中でもアロマオイルの香りが大変気に入っており癒しが得られます。エッセンシャルオイルは心身の健やかさや癒し効果があるようです。植物の香りは心身のトラブルを穏やかにしてくれる効果があって、肌ケア化粧品のような感じで使っています。年々深まっていく、肌のしわがまあまあ深刻に気になってます。

中でも本当にどうにかしたいと思っているのは笑いじわで、目尻にできるアレです。目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、スキンケアもしっかり施しているわけですが、皮膚が薄いということは、乾燥に弱いと言う事でもありますから、クリームを塗り重ねたりして、保湿を何より重視するようこだわっています。アトピーの方には、どのようなスキンケアが好ましいのでしょう?アトピーの原因はその全てが完全に解明はされていませんから、これこそが正しいというようなスキンケア法や治療法などは見つかっておりません。

ただし、アトピーの人は、少しの刺激や体温上昇で痒くなってしまいますから、日頃から出来るだけ刺激を与えないことが大事です。

話によると、一旦できてしまったお肌のシミは、容易に消せるものでは無いと多くの方が思っているようですが、シミが改善しにくいのは、家庭のスキンケアに限った話であり、専門の機器を使った話ではありません。

美容クリニックなどの医療施設でレーザーなどを施術して貰えば即消すことが出来るでしょう。ただ、費用が必要になりますし、施術を受けた後にもお手入れを続ける必要がありますが、シミというコンプレックスを持ち続けてしまうよりは治療を受けてみるのも、一つの解決策であると思います。

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を造ります。ビタミンBは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける重要な栄養素です。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする大事な作用があります。このようなはたらきがシミ・くすみ対策と美白に効果を持っています。シミやくすみ対策のために、食べたいものの一つです。日頃肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこするなど、刺激の与えすぎには注意しましょう。刺激が多いと表層が剥がれて薄くなります。再生してもまだ新しいので、とても脆く傷つきやすいです。

表皮は水分の蒸発を防いで肌を保護するはたらきがありますが、必要なケアを怠っていると、表皮より下にある真皮層の健康にまで強く影響が表れるようになります。真皮にまで影響が及ぶと弾力性がなくなり、たるみ、よれ、しわ、と着実に進むので、みるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになります。一番多い肌トラブルは水分不足ではないでしょうか。水分量の低下はとてもやっかいで、小じわが出来る持とになってしまったり、荒れた肌の原因になります。そこで効果があるのが、お風呂から出たらすぐ化粧水をつける事です。肌が一番乾燥しているのはお風呂上りなので、化粧水をつけるのは10秒以内が御勧めです。

このまえ、毛穴の黒ずみ対策として、クレンジングを今まで使っていたものから変えました。地中海の泥が配合されているクレンジングで、これを使用して優しくマッサージをしつつ洗顔をすると、毛穴にある汚れがしっかり落ちるというものです。そしてしばらく使い続けているうちに、くっきりと目立っていた黒ずみが薄くなってきました。そのため、早めに全部の毛穴を減らしてしまいたいと思います。